オルソケラトロジーガイドライン(第2版)

2017年12月にオルソケラトロジーガイドライン第2版が改訂されました。主な改正点は、第1版では適応年齢が20歳以上でしたが、 第2版では適応年齢を原則 20 歳以上としながらも、未成年者への処方に対しては慎重処方とした点、 また角膜感染症対策として界面活性剤による擦り洗いとポピドンヨード剤による消毒、 そして水道水によるレンズケースの洗浄・すすぎ、その後の乾燥と定期的な交換を推奨した点です。 

下記から第2版をご覧いただけますので、よろしければご利用ください。

 オルソケラトロジーガイドライン(第2版)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です