日本眼科医会会長が警鐘を鳴らす、若者の「カラコン」の使い方

 

昨今、カラーコンタクトレンズ(以下、カラコン)を使用している方は増え、今やカラコンはファッションにおいて欠かせないものとなっていると思います。自己表現として、カラコンを使用することは良い事ではありますが、その使用方法に危険性を感じる事も多々あります。

今回は、カラコンについての記事をご紹介いたします。

 

日本眼科医会会長が警鐘を鳴らす、若者の「カラコン」の使い方

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(5月3日放送)に、日本眼科医会会長の白根雅子が出演。カラーコンタクトレンズについて語った。

淵澤由樹(アシスタント):日本眼科医会は、さまざまな眼の病気について警鐘を鳴らしています。そのひとつが、若者のコンタクトレンズの使い方。

白根:若者のコンタクトレンズの使用法について、問題のあるケースが多いです。例えば、雑貨店などで売っているカラコン(カラーコンタクトレンズ)は、眼科医の診察がなくても買えるような仕組みになっています。本来は診察を受けないといけませんが、眼科医を通さない人が多いという現状があります。度が合わなかったり、サイズが合わなかったりすることで、角膜に障害を起こす方もおられます。くれぐれも注意していただきたいです。

淵澤:手軽に買えるぶん、ファッション感覚でついつい付けたくなる気持ちもわかりますが、やはりケアが必要なのですね。

白根:雑貨店で売っているので、診察せずに買っていいと思ってしまう部分があると思います。私達も、もっと啓発活動をしなければならないと思っています。

淵澤:カラコンでも、システムをきちんと確立しているものもありますよね。見極める力が必要です。

白根:眼科医には試し用のレンズがあります。カラコンであってもチェックはできますので、そこで処方箋を貰って買いに行けば、危険は少ないと思います。

淵澤:最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

白根:子供時代は宝物のような時期です。勉強も大事、外遊びも大事です。バランスのとれた規則正しい生活リズム、バランスのとれた栄養摂取など、毎日の生活習慣が健康な大人になるために必要で、それは眼にとっても重要なポイントです。人生100年時代ですから、100歳になってもよく見える眼を維持して行くことが、幸せに生きるためには必要なことだと考えています。お子さんの眼の健康に、ぜひ気をつけてあげてください。

    

引用: https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/22113/

ねとらぼ調査隊

 

カラコンは「高度管理医療機器」に分類されているため、必ず眼科を受診しましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です