意外と知らない子どもの近視

 

本日は、意外と知らない子どもの近視について、眼科医への取材を基に書かれた記事をご紹介いたします。

 

意外と知らない子どもの近視 しっかり見えていますか?

取材協力/かめざわ眼科

ゲームやスマホの普及により、子どもの近視が世界中で増加。そんな中、いきなり学校から「眼科受診のすすめ」をもらってビックリした保護者もいるのでは。地元の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ――「眼科受診のすすめ」とは何ですか。

 「学校では、学校保健安全法という法律に基づき、年1回必ず全生徒に視力検査を行います。視力が1・0未満の場合は眼科に受診勧告することも定められています。学業や学校生活に支障をきたさないためです」

――もらったら眼科に行かないとダメか。

 「必ず受診をお勧めします。子どもは見えていなくても親に言わないことがあります。眼科で再度視力検査と診察を受け、しっかり対応することが大切です。稀ですが、重大な病気が発見されることもあります」

 ――近視になると、メガネは絶対必要か。

 「必ずしも必要とは限りません。近視のメガネは生活の支障を解決するための道具です。常時かける必要はなく、遠くが見えづらい時にかければOKです。ただし、幼児期の弱視・斜視のメガネは目の治療のため常時かける必要があります」

 ――大切なことは。

「本やゲーム、スマホは明るい所で30cm以上離し、休憩を取りながら見ましょう。時々、お子さんの目を片方ずつ隠してカレンダーや時計が読めるか確認を。お子さんの目に不安のある方は眼科専門医にご相談下さい」

■かめざわ眼科 南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113 9時〜12時/15時〜18時 木曜、土曜・日曜は午後休

 

かめざわ眼科
横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F
TEL:045-731-1113
https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

 

引用:意外と知らない子どもの近視 しっかり見えていますか?

 

 

学校にて視力検査等で指摘されましたら、お子さまが自覚症状を訴えていなくても一度眼科を受診されることをお勧めいたします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です