近視のしくみ

●近視ではない場合

まずは、近視ではなく正視という状態についてご説明します。正視とは、下の写真のように遠方がよく見える状態であり、近方も問題なく見えます。(ただし、老視の場合は近方においてその限りではありません)

これは、目に入ってきた光が角膜と水晶体で屈折され、網膜上に焦点を結ぶためです。

●近視の場合

近視の場合、下の写真のように近方は見えますが、遠方がぼやけて見えます。

基本的には外界から入ってきた光が、角膜と水晶体で屈折される時に異常が発生するため、網膜より手前で焦点が結ばれます。

 

●〈おまけ〉遠視について

「遠視は遠くが良く見える」と言われがちですが、実際には遠くのものも近くのものも見えづらく、どこを見るのにも自身の調節力が必要なため疲れやすいとされています。

この原因は、眼軸長が正常よりも短い、もしくは角膜や水晶体の屈折力が弱いため網膜より後ろで焦点が結ばれ、遠視になると言われています。

遠視の場合は、必ず矯正が必要となります。

※現在、オルソケラトロジー治療は遠視眼には対応しておりません。