近視のしくみ

●近視ではない場合

まずは、近視ではなく正視という状態についてご説明します。正視とは、下の写真のように遠方がよく見える状態であり、近方も問題なく見えます。(ただし、老視の場合は近方においてその限りではありません)

これは、目に入ってきた光が角膜と水晶体で屈折され、網膜上に焦点を結ぶためです。

●近視の場合

近視の場合、下の写真のように近方は見えますが、遠方がぼやけて見えます。

基本的には外界から入ってきた光が、角膜と水晶体で屈折される時に異常が発生するため、網膜より手前で焦点が結ばれます。